2011年12月18日

心にとまった言葉@

今朝、新聞&情報誌を読んでいたら、心にとまった言葉がいくつかあったので、
忘れないうちに書き留めておこうと思います。

「右足を出せば左足は自然と出る」(女優 榊原るみさん)

「自分に合う歩幅なら、誰でも一歩を踏み出せる」株式会社プラスリジョン社長 福井祐実子さん)

「やればわかるし、やればできる。やらなければ、永遠に分らないし、永遠にできない」(ヤマト運輸元会長 小倉昌男さん)

頭でっかちで、先々のことまで考えすぎる為、
ともすると、思ったことをなかなか行動に移せないタイプの私・・・。

これらの言葉を心のどこかに留めておきたいと思います。


福井祐実子さんは「オニオン・キャラメリゼ」という商品を通して、
障害者の雇用の場を作り出している女性。

彼女は「自分に合う歩幅なら、誰でも一歩を踏み出せる。
例えば共感できる活動を応援する、社会貢献型の商品を買うことも何かを始める一歩につながる」
と。

「自分に合う歩幅なら、誰でも一歩を踏み出せる」

これは社会貢献やボランティアのみならず、どんなことにも当てはまるような気がします。


posted by いづみ at 10:14| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]