2011年08月06日

「船頭は二人要らず!?〜オットの手前味噌〜」(格言シリーズ)

レッスンのない週末は休日モードで、我が家にもゆったりとした時間が流れますわーい(嬉しい顔)

今日のお昼前、オットが大きな甕を抱えて、キッチンにやってきました。

IMG_2443.JPG

彼が半年前に仕込んだお味噌の天地返しをする為です。

半年前の仕込み時には私はノータッチだったので、
今日は興味津々で見学しながら、アシスタント役を務めました〜♪

まずは、甕の中のお味噌をゴムベラでボールに移していきます。

IMG_2428.JPG

お味噌は全部で、大きなボール2個分になりました。

IMG_2433.JPG

綺麗に洗ってから熱湯消毒をして(この辺はアシスタントの仕事・・・)、
完璧に自然乾燥させた甕の中に味噌を戻していきます。

この時に上にあった味噌は下に、下にあった味噌は上に入れていきます。

側面を綺麗にして、表面も平らにならし、
ラップ&蓋をして、天地返しは終了!

IMG_2440.JPG

あと3〜4ヶ月涼しい所に置いたら、味がなじんで出来上がりだそうです。

ボールに残ったお味噌を胡瓜につけて頂いてみたら、
まろやかな塩分と旨味でとっても美味しくて、
「今の時点でこれだけ美味しかったら、出来上がりはかなり期待できるね〜♪」と、
二人揃って自然と笑みがこぼれましたわーい(嬉しい顔)

それれもそのはず!

よくよく話を聞いてみれば、このお味噌には彼なりのかなりのこだわりがあるようです。

大豆も麹も完全無農薬の物を別々の所からインターネットで取り寄せ、
お塩も地元の自然食品店「藤が丘マザーズ」で調達した自然塩。

大豆屋さんも麹屋さんも「大豆と麹を組み合わせた『味噌造りセット』」を販売しているようですが、
それでは満足出来ずに、両方からそれぞれからの最高級品を取り寄せたそう。

私は主婦でもあるのでこだわりもほどほどですが、
料理が気分転換やリクリエーションである彼は、お金も時間も手間も惜しみません。


そういえば、一時期は梅干しや梅酒も仕込んでいましたし、
ぬか床の管理は今でも彼が中心になってやっています。

我が家では保存食や発酵食品はオットの担当なので、なかなか私の出番はないのです・・・。

えっ? 『二人で仲良く相談しながら、味噌造りや梅干し作りをすれば、楽しそうでいいじゃない?』ですって?

いえいえ、"船頭多くして船山に登る"と言いますが、我が家の場合は”船頭は二人要らず”なんです。

二人ですると意見が食い違って険悪なムードになりがちなのでふらふら
奥様は手も口も出さず、もっぱらアシスタント役に徹するというわけです・・・・・・(笑)

★「男性の手料理」に関しては、よろしかったら数年前に書いたエッセイ「男子厨房に入らず?」もご覧下さいね。

posted by いづみ at 18:34| Comment(1) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になります。日本テレビ「解決!ナイナイアンサー」の渡邉と申します。突然のご連絡失礼します。この度、番組で自家製の味噌を作るという企画がございまして、その中で味噌を天地返ししている画像を使いたいと考えています。こちらのホームページで掲載されている写真をもし使わせて頂ければと思い、ご連絡させて頂きました。
もしこのメールをご覧になりましたら、私の携帯(080-1843-5530)か
PCアドレス(zaizenyabou03@yahoo.co.jp)までご連絡頂ければと考えています。
Posted by 渡邉と申します at 2015年07月15日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]