2011年07月15日

青葉台・堀内の中華ランチ♪

Chez Izumiの生徒さん達は、皆様食べることが大好き★

必然的にレッスンでは「○○の△△が美味しい!」「この前、□□に行ったら美味しかった」というグルメ情報が飛び交います。

そんな時に、一番”お耳をダンボちゃん”にしているのは私かも?(笑)

先日のレッスンで、青葉台の堀内のランチがとてもコストパフォーマンスが高くていい!」という話を耳にした私は、午後から出勤というオットを誘って、早速今日行ってきました車(セダン)


2011_07150010.JPG


ランチはA(1050円)とB(1580円)と2種類ありますが、
「1500円のランチがお奨め!」と伺っていたので、私は迷うことなくBランチを選択。

オットはアラカルトで、「ごまだれの水餃子」「あんかけ翡翠チャーハン」をオーダー。

まずはBランチに付いている「凍頂烏龍茶」が運ばれてきました。

2011_07150024.JPG

こちらのカップに茶葉と一緒にたっぷりと入っています。

「5分くらいしたら茶葉を引き上げて、お飲み下さい」とのこと。

「小皿6種盛りの前菜」
2011_07150002.JPG

どれも中華料理にしてはあっさりとして優しい味付けです。

チョコチョコと小皿で品数が多いというのは、まさしく女性好みですね!

オット用に取り分け皿も運んできて下さったので、オットにも少しずつおすそ分け。

前菜を味わっているオットに「ここ確実に進化しているよね?」とささやくと、
彼も満面の笑顔でうなずきながら「うん、かなり進化しているね」と。

実はこのお店、
青葉台に住んでいる頃にご近所の友達に勧められて、何度か利用したことがあるのですが、
そのころは「素人料理」という感じで「ウチで作った方が美味しいよね〜」と夫婦で意見が一致。

青葉台の家から近いということもあり、その後も何度かオットを誘ったこともありましたが、
その度に「あそこは行きたくない!だって美味しくないんだもん」と却下されていたお店でもあります。

却下していた人を満面の笑みするほど進化するとは、スゴイことですぴかぴか(新しい)


「鶏肉のネギ生姜炒め」「冬瓜と春雨のスープ」
2011_07150004.JPG


「酸辛漬け麺」
2011_07150006.JPG

酸辣湯に麺をつけて頂く漬け麺です。

「アイディアはいいけれど、ちょっと空回り・・・」と言った感じかしら?

漬け汁になっている酸辣湯は具材も多くて、きちんと作られているので、
漬け麺にするよりも細い麺を入れて、「ミニ酸辣湯麺」に仕立て上げた方が美味しいグッド(上向き矢印)と思いました。

〆のデザートは「チャイニーズパフェ」
2011_07150007.JPG

仙草ゼリー、ミルクゼリー、こしあん、のアイス、マーラーカオ、白玉・・・
とにかくいろんな物が入っていましたよ。

レッスン時に「堀内のチャイニーズパフェが美味しかったら、真似してレッスンで登場するかも?」なんて言っていましたが、
まずくはないけれど、わざわざ作るほど美味しくないので、レッスンで登場することなさそうです(笑)

噂のBランチは、6種の前菜から始まり、凍頂ウーロンやデザートまで付いて、
コストパフォーマンスがとても良くて、人気なのも納得〜♪


コチラはオットが頼んだ「ごまだれの水餃子」
2011_07150003.JPG

餃子の皮がもちもちとしていて、ちょっと甘めのごまだれとよく合っています。

上にたっぷりと野菜が載っているのも、ヘルシーで嬉しいですね。

彼も「甘めのタレが美味しい」と気に入った様子。

「あんかけ翡翠チャーハン」
2011_07150005.JPG

オットはかなりのチャーハン好き★で、チャーハンにはちょっとうるさいです。
(私はチャーハンはあまり好きではないし、こだわりもないのですが・・・苦笑!)

彼曰く「ぱらりと仕上がっているだけではダメで、空気を沢山含んでふんわりとしていないといけない」そうです。

こちらのチャーハンは、彼のお眼鏡にかなったよう。

「あんが掛かっているとチャーハンのパラリ感が分らないんじゃないの?」と尋ねると、

「チャーハンはちゃんとパラリとしていることが分るよ。
それに上のあんのとろみがちょうどいいから、チャーハンと一体化して美味しく食べられる」
そうです。

全体的にあっさりと優しい味付けのお料理なので、
ガツン!とした中華料理を求める方には向かないと思いますが、
お料理が美味しい上に、サービスも良くて、お値段もリーズナブルというお奨めのお店です。

土日も同じランチがあるみたいなので、
我が家もこれからはちょくちょくお世話になるかも〜★


posted by いづみ at 22:37| Comment(0) | ご近所グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]