2009年11月27日

2009年秋のスペシャルレッスン「本格フレンチに挑戦!〜貧血予防の鳩料理〜」

こちらのブログがきっかけで、生徒さんからのリクエストで開催した、
本格的なフランス料理のメイン&ガルニチュール(付け合わせ)にじっくりと取り組んで頂く、
スペシャルレッスンです。

フランスから空輸された食用の鳩をお一人1羽ずつ調理して頂きました。

御参加の皆様はもちろん食用の鳩を見るのも、調理するのも、頂くのも初めて!

それでも原型をとどめている鳩の下処理や解体に果敢に挑戦して下さり、
「こういう風に調理すると、本当に命を頂いているんだな・・・と分かりますね」と仰っていたのが、
印象的でした。


<鳩のサルミ>
2010_03060069.JPG

鳩料理は、中をレアに柔らかく仕上げるのがポイントです。

キィソン(火入れ)もバッチリで美味しく仕上がりました♪

焼き上がった鳩をもも肉、胸肉、手羽・・・と解体して、
お皿に盛り付けるのも皆様上手に出来ました。

家禽類の解体はみな共通ですので、
この解体方法を身に付ければクリスマスのローストチキンも綺麗に捌けるようなりますよわーい(嬉しい顔)

<じゃがいものヴァンドンジュール風>
2010_03060067.JPG

「ヴァンドンジュール」とはフランス語で「葡萄摘み職人」のこと。

元々は雇い主が「葡萄摘み職人」(=日雇いの肉体労働者)に振る舞うような「高カロリー」はお料理なので、この名前が付いているのですが、
レッスンでご紹介したのは、名前の由来とはかけ離れたような美しい仕上がりのお料理ですぴかぴか(新しい)

マンケ型(ケーキ型)にじゃがいもとベーコンを丁寧に重ねて並べていき、
オーブンで焼き上げてひっくり返して仕上げるので、とても手が込んでいます。

カットした断面図はこちら(↓)

2010_03060116.JPG

私自身はこのお料理はプライベートでは作りませんが、
生徒さんの中にはこの断面の美しさ&おいしさに感激して、
手間もいとわずにすぐにお家で作った方が何人かいらっしゃいましたよ。

見た目が華やかなので、おもてなしやパーティにも向きますねぴかぴか(新しい)

以上のお料理2品を頑張って作って頂いた後は、
私のご用意しておいた前菜やスープ、デセールも含めてのランチの始まりです♪

<白いんげんと魚介のマリネ>
2010_03060065.JPG


<パンプキンスープ>
2010_03060066.JPG


<ラフランスのコンポート バニラアイス添え>
2010_03060070.JPG

秋なので、テーブルもブラック&ホワイトで、少しシックな雰囲気に・・・★

2010_03060064.JPG

ブログがきっかけで生徒さんからのリクエストで開催した
初めての「本格フレンチ」レッスンでしたが、
私にとっても良い経験&思い出となりました。
posted by いづみ at 05:50| Comment(0) | レッスン風景(スペシャル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。