2013年05月14日

夫の母

私が、新婚当初に体調を崩して藤が丘の昭和医大に入院していた時に、夫の母が世田谷からはるばるお見舞いに来てくれました電車

その夫の母に、「散らかっていますけれど、マンションが近くだからどうぞ寄って行って下さいね」と言うと、「いづみさんが居ない時にお邪魔したら悪いからいいわよ。今度にするわ」と。

こちらから声を掛けているのに遠慮するなんて、人間が出来すぎていてビックリです〜!

普通だったら、息子の新居、どんな感じか見てみたいですよね???

そして、「ちょっとでも痛かったら、遠慮せずにすぐナースコールするのよ。いづみさんは遠慮深いけれど、こういう時に看護婦さんに遠慮する必要はないんだから」と、アドバイス。

医師である夫の母の言葉は説得力があったので、普段だったらナースコールを我慢してしまうところでも遠慮なく看護婦さんを呼ばせて頂きました。。。

そして、もうひとつ驚いたのが、「藤が丘の駅からここに来るまでの道すがら、○○と話していたら、『ボクは本当に良い人がお嫁さんに来てくれて、幸せ者だ』としみじみと言っていたのよ」と。

夫が実際にそう言ったかどうかは定かではありませんが(笑)、新婚早々体調を崩して入院して「私ってどうしてこんな風にダメなんだろう・・・」ととっても気弱になって、落ち込んでいる時に、夫の母からそんな風に声を掛けて励まして貰って、救われた気がしました。

「このタイミングで、お嫁さんをこんな風に励ますことが出来るって、人の心の機微が分かる本当に賢い人なんだな・・・」と、夫の母のことが大好きになった瞬間でした♪

従姉の話から、なんだか夫の母自慢のようになってしまいましたが(笑)、今年の母の日もお花屋さんから紫陽花の鉢植えを送っただけで、長いことご無沙汰続きですので、近々顔を見せに行かなくては・・・。

ちなみに今年の母の日は、夫の母(米寿)には紫陽花の鉢植え、実家の母(傘寿)にはエスティーローダーの口紅をプレゼント♪

エスティーの口紅は「名入れサービスをしてくれるので、いいかしら?」と思いましたが、母が選んだ色は名入れが出来ないタイプでした。。。

皆様は、どんな母の日を過ごされましたか?

お奨めのプレゼントなどありましたら、教えて下さいね。


IMG_8459.JPG




posted by いづみ at 15:08| 神奈川 ☀| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母の日に従姉の家で女子会♪

一昨日、町田に新居を構えた従姉が招待してくれたのは、私の実家の母&姉&私の3人。

母の日に、従姉の新居で、4人で女子会開催〜♪

従姉のお母さんは遠く離れた岡山・倉敷にいるのに、母の日に私達親子3人をまとめて招待してくれて、有り難いような、申し訳ないような・・・。

そして、料理上手な従姉は沢山のご馳走を用意して、待っていてくれましたぴかぴか(新しい)

おしゃべりが楽しくて、お写真は撮り忘れてしまったのですが、備忘録の為にメニューを記しておこうと思います。

春巻きの三角揚げ・・・セロリの葉、ツナ、ゆで卵を春巻きの皮で三角に包んで揚げた物。以前にお友達に教えて貰って以来良く作っているとのこと。余りがちなセロリの葉っぱの活用法としても◎ですし、ビールが進む、進む〜!

長いもの素揚げ・・・居酒屋さんで頂いて美味しかったので、昨日初めて再現してみたとか。これは私も手伝いました〜。拍子切りにした長芋に片栗粉をつけてこんがりと油で揚げて、原稜郭の「黒七味」と美味しいお塩を振りかけて頂きました。こちらもビールが進む、進む〜(って、私は下戸なのですが・・・笑)

紅茶豚・・・こちらはご存じの方も多いのでは? 柔らかく煮上がった豚肩ロース肉は冷めても脂身が固まることもなく、絶品でした〜♪ 私は自分ではこのお料理は作らないので、従姉宅で頂けて、嬉しかったわわーい(嬉しい顔)

サーモンのカルパッチョ・・・一つ前の記事でも触れたサーモンのカルパッチョ。
水菜やパプリカ、新玉葱などのたっぷりの生野菜の上にサーモンを並べてドレッシングが掛かっていました。私の持参した「サーモンマリネ」と見事に被ってしまいましたが、たっぷりの生野菜が美味しくて、私はこちらをモリモリと頂いてしまいました。


写真 (22).JPG-1.JPG


グリッシーニ・・・従姉はパン作りが得意。ペッパーが利いたグリッシーニもビールのお供にピッタリでした♪

全粒粉のパン・・・全粒粉を使って、ブラックオリーブなどを練り込んで、焼き上げたパン。噛めば噛むほど味わいがする、滋味豊かな味わいのパンです。お土産にも沢山いただいちゃいました♪

写真 (23).JPG


レンズ豆のスープ・・・レンズ豆と玉葱で作った素朴なスープ。「片田舎のフランス人たちは毎日こんなスープを食べているんだろうな・・・」と思わせるような、滋味豊かな味わいのスープは、私のストライクゾーン。我が家にもフランス・ピュイ産のレンズ豆が沢山あるので、早速作ってみましょう!

手打ちフィットチーネ・・・セモリナ粉を使って、ほうれん草を練り込んだ手打ちフィットチーネに、生クリーム&チーズソースを絡めて、生ハムをトッピングしたパスタ。手打ちならではのもちもち感がとっても美味でした。

ラズベリー風味のういろう・・・ラズベリー餡と白餡で作った彩りも綺麗なういろう。「洋菓子はいづみちゃんがよく作ると思って、和菓子にしたの」とのこと。お気遣い頂き、恐縮です。。。こちらはピンク&白の見た目も可愛らしくて、ラズベリーの酸味も爽やか。甘みも上品で、絶品でした〜♪

日向夏&メロン・・・新婚時代を宮崎で過ごした従姉が「日向夏は白皮も一緒に食べれるのよ、知っている?」と言って、宮崎名産の日向夏を剥いてくれました。まるでリンゴのようにクルクルと皮を剥いていき、それから適当な大きさにカット(コチラのサイトをご参考に)。今まで日向夏を頂いたことはありましたが、この食べ方は知らなかったです。頂いて見ると、本当に白いワタの部分も爽やかな香りがして、美味しい!

こうやってみると、すごいご馳走ですねぴかぴか(新しい)

いや〜、食べた、食べた!(笑)

5月のレッスンの試作でここ数週間はカロリーを摂取しすぎな私は、そろそろ粗食に戻さなくてはいけないのですが、昨日はついつい食べ過ぎてしまいました。。。(苦笑)

こういうお仕事をしていると手料理を振る舞ってくれる人は皆無に等しいので、呼んでくれた従姉のその心遣いが何よりも嬉しかったです♪

一人で用意してくれた従姉はさぞかし大変だったと思います。

今、昔のブログを読み返してみたら、成城の従姉宅で手料理をご馳走して貰ったのは2005年5月だったので、従姉にご招待頂くのはちょうど8年振り(以前の記事はコチラ

従姉は男の子2人を立派に育て上げたお母さんぴかぴか(新しい)

社会人2年目の次男君が、今春結婚したそうです揺れるハート

文武両道で優秀、背も高くて、イケメンで、その上優しくて性格も良い・・・、きっと自慢であろう息子が、そんなに早々と結婚してしまったら、普通だったらお嫁さんに少し嫉妬しそうなものだけれど、「彼女は、本当にいい子なのよ」とそんな感じは微塵もなく、若い2人を温かい目で見守っています。

共働きの息子のマンションに片道1時間以上も掛けて手作りのお料理やパンを届けても、彼女がいなかったら部屋には上がらずに、玄関先で息子に渡して帰ってくるという気の遣いよう・・・。

「だって、実の娘だったら良いけれど、お嫁さんのいない時に上がったら、悪いでしょ?」と。

お嫁さんとも実の親娘のようにとっても仲良しなのに、そこまで気を遣っているのです。

「いまどきの男の子ママは息子のお嫁さんに気を遣って、本当に偉いな〜、大変だな〜」と感心しました。

でも、そういう私も今年米寿を迎えるオットの母に同じように気を遣って貰っていたことを思い出しました。。。

※長くなりましたので、この続きは次の記事で。

posted by いづみ at 14:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | おもてなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。